読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SFC解脱を目指して陸マイラーを目指すblog

ANAのスーパーフライヤーズカード欲しさに修行をがんばってみようとするblogです。笑

ビジネスクラス初体験!

先日の寝過ごしやらかしを経て、あらためてフルフラットを体験すべく(!?)エアチャイナビジネスの旅。

羽田国際線、北側カードラウンジはガラガラ

HND-PEKは前回とは大違いで夜便。これならさすがに寝過ごす心配はありませんw
ゲートは指定席なんでしょうか、一番端っこだったので、どうせ機内食もあるしなあ、と思ってANAラウンジには行かず、北側カードラウンジ(昼間だけANAラウンジが開いてるエリア)でまったりしよう、と思ったら、まったりどころか入った時点で貸切、その後も数人くらいしかお客さん来ませんでした(笑)。まあ、お酒もありませんしねえ。

f:id:petite-cerise:20170422173517j:plain

おかげでトイレから出てきたときとか、ビートたけしのこの看板(真ん中やや右の柱のところ)に若干びびる始末w

リージョナル線のビジネスはちょっといいプレエコ? 

最初の便は聞いていたとおり、フルフラットにはならない機体。このくらいだとサービスはともかく、座席的にはプレエコに毛が生えたくらいかな?と思ってしまいます。そういう意味ではやはりレッグレストの存在意義が大きいということなんでしょうか。

f:id:petite-cerise:20170422190240j:plain f:id:petite-cerise:20170422191359j:plain f:id:petite-cerise:20170422192049j:plain 

でもやっぱり、ウェルカムドリンクってうれしい(笑)。そして前方ドアだけから搭乗のときって、優先搭乗すると若干の見世物パンダ感がw
でも、テーブルクロス敷かれちゃったりするとやっぱり特別感が出ますよね。

メニューはこんな感じでした。

f:id:petite-cerise:20170422192423j:plain f:id:petite-cerise:20170422192716j:plain f:id:petite-cerise:20170422192801j:plain f:id:petite-cerise:20170422192813j:plain
最初はピーナッツ(これ、KUL-PEKの朝ごはん含めて毎回出てきました)。
メニュー見てどんなん出てくるんだ?と思っていた口取りは幕の内弁当みたいな感じで。

f:id:petite-cerise:20170422203720j:plain
主菜は肉。さすがに焼き方は選べなかったのでミディアムで出てきましたが、柔らかくてまあそこそこかな、というところ。

f:id:petite-cerise:20170422205030j:plain
味的にはやっぱり日本の航空会社ラウンジには敵わないと思いますが(日本の会社のビジネスに乗ってみたい!)、やっぱりトータルのサービスとして特別感はありますね。

エアチャイナのトランジットホテル 

今回は時間の関係もあり、トランジットホテルを利用してみました。

f:id:petite-cerise:20170422230520j:plain

国際線の税関を出た付近にこんなカウンター(iPhoneではうまく撮れませんでしたけど、肉眼では左側の白飛びしてるところも一応読める感じではあります)があるので、乗ってきたボーディングパスを渡すと宿泊ホテルに応じてこんなタグを渡されます。

f:id:petite-cerise:20170422230846j:plain

しばらく近くに待機して、ある程度人数がまとまったら(なのか、一定の到着機のお客さんがぜんぶ集まったらなのか)ホテルへのシャトルに誘導される、という仕組みのよう。
今回は金航線国際商務酒店というところをあてがわれましたが、どうも雰囲気的にエアチャイナのトランジットがメインのような雰囲気です。名前的にも金航線ってちょっと航空関係っぽい気もしますしねえ。
ここのチェックインでも乗ってきたボーディングパスが必要で、それから次の日のフライトを聞かれ、その時間に応じてシャトルの時間が指定されます。シャトルは毎正時に出発しているよう。
部屋はこんな感じ。タダで泊まれると思えばありがたい限りです(笑)。

f:id:petite-cerise:20170422235652j:plain

朝ごはんは7時〜10時と案内されたはずなので9時過ぎくらいにゆっくり行ってみたら、入口には6時〜9時と書いてあってもう店じまいの様相だったので、さしておなかも空いてないし諦めました。
そしてKUL便は15時台の出発なので13時のシャトルを案内されましたが、あまりにやることがなさ過ぎるので空港行ってラウンジ入っとけ!と思って1時間早めてもらい、12時にホテルを出発。

北京のビジネスラウンジはどうも見覚えがある気が…?と思っていたら、ずいぶん前に出張でえらい人に連れられてやってきたことがあったのでした。ここでまあ、いつものように飲み食い過ぎるわけですが、見覚えがあったし混んでいたので写真は失念。。

エアチャイナ公式アプリいわく「おき止め」なPEK-KUL線

f:id:petite-cerise:20170423135307j:plain

エアチャイナアプリの日本語は日々ナチュラルに近づいているなあ、という感じですが、「おき止め」なんて教えたの誰だよw

そして「おき止め」の飛行機。ビジネスは乗ったら左へ、エコノミーは右へ。

f:id:petite-cerise:20170423155702j:plain

初フルフラットはこんな感じ!さすがに広い! ファーストじゃないけど毛布はファースト専用!(まあ、実際はF/C専用ってことなんでしょうけどね)

f:id:petite-cerise:20170423155848j:plain f:id:petite-cerise:20170423155905j:plain  

f:id:petite-cerise:20170423175054j:plain

 

f:id:petite-cerise:20170423192504j:plain

f:id:petite-cerise:20170423192506j:plain
(わかりづらくてすいませんが、隣が空いてたので倒してみたらこんな感じ)
ゲートで待たされるわ、出発したら滑走路で待たされるわ(どうも滑走路3本?中の1本が工事で閉鎖だったよう)、ずいぶん待たされましたがフルフラットはやはりうれしいですね。
f:id:petite-cerise:20170423160518j:plain

全体の角度とは別に、フットレストの角度だけ調整できるようです。

ごはんはこんな感じ。んー、可もなく不可もなく、というか。

f:id:petite-cerise:20170423183227j:plain
デザートは2品選べるとのことだったので、チョコケーキとフルーツ盛り合わせをいただきました。

f:id:petite-cerise:20170423184908j:plain

フルフラットにすると視界こんな感じですが、映画見るという意味ではちょっと起こした方が見やすいですね。

f:id:petite-cerise:20170423194056j:plain

エアチャイナはちょっと着陸準備が早すぎるような気がして、リクライニング戻せのアナウンスの後もしばらくゆったり飛行しているような気がしました。ビジネスに座ってたからそう感じたのかもですがw、でも、すべてのフライトでそう感じたので、早めに着陸準備をさせる会社なのかもしれません。


遅れたのでKLIA Expressがまだ走ってるか心配だったのですが、実際には余裕だった模様。むしろKL Sentralからタクシー乗らないといけないのを考えると、UberとかGrabとかで行っちゃった方がトータルは安かったかも?

ANA銀聯ではネットショッピング利用不可です!

みなさん、こんにちは。
標題のとおりなのですが、Amazonからフィッシングかよ?みたいなメールが届いたので、そちらとあわせてご紹介します。

よーしシン・ゴジラ見るぞーと思ってついにブルーレイプレーヤーを買おうと物色していたところ、やっぱりAmazonが一番安かったので、ついでだから、と思って銀聯の決済額を増やそうと銀聯での決済を試みたのです(銀聯キャンペーンについては下記記事参照)。*1

oka-miler.hatenablog.com

 

そしたら、注文してしばらくしてこんなメールがまいりまして。 
f:id:petite-cerise:20170326103724p:plain
買い物の心当たりがなかったらフィッシングだと思いますよね。笑
まあ、今回はたぶん銀聯のせいで何かあったんだろうなあと思って、とりあえず有効期限を再確認して再オーソリを投げつつ、ダメなら朝に三井住友カードに電話だなあ、と思っていたら、朝になってもやはり承認エラーのままでした。

というわけで三井住友カードFOR YOUデスクに電話してみたところ、衝撃の事実が…

「お客様の銀聯カードは通信販売等にはご利用できないカードとなっております」

な、なんだってー!!(AA略w

もう、そう言われてしまうと、はいそうですかとしか言いようがないのですが。笑

 

うん、たしかに、よく見ると銀聯カードの申し込みページの一番下の「ご注意」のところにこう書いてありました。

三井住友銀聯カードおよびANA銀聯カードは、店頭ショッピング専用カードです。通信販売、カタログ販売、ATMでのキャッシングなどはご利用いただけません。

www.smbc-card.com

まあ、しょうがないのでドン・キホーテあたりでちまちまお買い物して3万円まで到達するしかなさそうですねー。

意外と扱っているblogが少ないようだったのでご紹介でした!

*1:ビックカメラ店舗にも一応行ったのですが、銀聯決済時のポイントがよくわからず、価格もポイント含めてもちょっと高かったので、Amazon銀聯決済ができるようになったというのを見つけて「これだ!」と思ったのでした

JGC会員の「どこかにマイル予約」(同行者からマイル引き落とし)は要注意!

おひさしぶりです。ceriseです。

修行の方は順調に推移しているものの、今ひとつ新しいネタがなくてblogを書く気にならず…まあ、CAのビジネスに乗ったときには書こうかと思います。笑

 

さて、噂のJALの「どこかにマイル」をやってみたのですが、わたくしJGC会員でございまして、座席指定のときにちょっと困った事態になったので、ご報告です。

今回は同行者(マイルは同行者分から引き落とし)との予約になりまして、3/15の20:20頃に申し込んだところ、翌3/16の13:26に搭乗便決定のメールがまいりました。
(ちなみに同行者分のマイルから引き落としの際は、同行者の氏名、年齢、お客様番号、連絡先電話番号・Eメールを入力する必要があるので、あらかじめ押さえておきましょう)

搭乗便決定のメール、行き先が書いてないのが不満というblogを目にして、そりゃそうだよなあ、と受け取って思ったりもしたのですが、いざWebサイトに行ってみると、これはこれで行き先を知る楽しみ、というところもあるように思ったので、必ずしも悪くないようにも思います。

それはさておき、この予約、マイルが同行者分から引き落としのせいか、同行者とは別予約の特典航空券となるようでして、自分の予約からは同行者分が参照できず、予約番号も別発番(確かめてみたら連番でしたが)となります。

さて、ここでJGC会員とヒラJMBとでなにが起こるかと言いますと…

f:id:petite-cerise:20170316222516j:plain f:id:petite-cerise:20170316222520p:plain

このとおり、指定可能な座席にかなり開きがあるようなのです。

空席が多いせいもあるのかもしれませんが、非常口座席はともかく、前方座席もけっこう上級会員向けにホールドされているのですね…

そんなわけで、同行者は24列でいいんじゃないの?なんて言ってましたが、窓側席好きとしてはw翼上は見通し悪いよなあ、と思い、このくらいならやってもらえるだろうと思ってJGC国内予約デスクに電話してみました。

主「特典航空券の座席指定についてお伺いしたいのですが」
デ「はい、承ります」
主「どこかにマイルで同行者と予約したら、同行者と予約できる席が違うようなのですが…」
デ「はい、たくさんお乗りいただいている会員様には前方座席を優先的にご予約いただけるようにしております。ご予約の詳細をお知らせいただけましたらお近くの座席を手配するようにいたしますので、ご搭乗便をお知らせいただけますでしょうか」
主「(お、あっさり!)○月○日の羽田発△行きです」
デ「ご予約の確認が取れました。ご同行者様のお名前を教えていただけますでしょうか」
主「◇◇です」
デ「はい、確認いたしました。それでは往復とも、お隣の16Bの座席をご用意いたしました」(伝えたのは往路便の情報だけでしたが、往復とも手配してもらえました)

というわけで、あっさりと隣の席を用意してもらえたのでした。一応同行者の予約番号も用意していたのですが、名前だけでやってもらえるのは楽ですね。

クラスJが空いてれば1000円払ってアップグレードするつもりなのですが、とりあえず電話すればJGC同行者のヒラ会員でも前方座席の予約を入れてもらえるということで、ご参考までに!

両替レートにご用心!

こんにちは。マイル修行…ではなく、出張でイギリスに来ているceriseです。

初めてのイギリスだったのですが、せっかくセディナカードのキャッシングで利子を最小にしようとがんばったのに、違うところで2000円くらい?損してしまったので、体験談を書いておきますね。

 

ヒースロー空港について、よーしキャッシングだ!とATMに向かって200ポンド下ろそうと思ったところ、両替レートが表示されてwith conversionとwithout conversionとどちらかを選べ、とのこと。

同行者を待たせていたこともあって、え?と思いながらも深く考えずにwith conversionを選んでしまったのですが、しばらくしてやっぱりレート高すぎるよなあ、と思ってよーく考えてみたら…

これ、外国でお買い物するときにときどきある、「親切にもお店の方でレート計算してくれる」(当然レートは悪い)やつだ!!

ちょっとゆっくり考えれば気づいたと思うのですけどね。まさかATMで出てくるとは思わなかったので、すっかり油断しておりました。。。

 

ちなみにレートは1ポンド156.5422円。 店頭レートを見る限り、BUYが160円台のところもあるので、現金両替よりはまだマシだったかな?と思って必死に自分を慰めているのですが、without conversionにすれば150円は割ってたよなあ、と思うと、キャッシングの利子に汲々としていた自分がバカみたいで。苦笑

この悔しさ、マイル修行仲間のみなさんならわかっていただけるのではないでしょうか…笑

そういえば、むかしメキシコでペソを下ろしたときにも、よくわからないまま寄附金かなんか(数ドルくらいだったと思いますが)を取られたことがあった気がします。 外貨キャッシングもなかなか油断できませんね〜…気をつけないと。。

エアアジアXでクアラルンプール行き

修行フライトに寝過ごすという大ポカをやらかしたblog主ですが、

oka-miler.hatenablog.com

ともかくエアアジアXの深夜便でKULまで行くことにしたのでした。

エアアジアXのチェックイン

KUL行き深夜便はHND2345発。少し余裕を見て22:30頃羽田へ。エアアジアXは左側Kカウンターでした。

f:id:petite-cerise:20170128213809j:plain

Webチェックインも簡単ですけど、なぜかチェックインしていない人の長蛇の列ができていたので、Webチェックインしてカウンターでパスポートの確認だけしてもらうのが良さそうですね(チェックイン済みなら数人の列でした)。片道発券だとマレーシアを出る航空券の確認をされたので、その分のEチケットも手元に用意しておくと良さそうですね。

 

で、しばらく時間があるのでカードラウンジで時間をつぶし(最近のカードラウンジはセキュリティ後にある場合も多くてありがたいですね)、106Aゲートより出発。

 

エアアジアXの機内

機内はシートの皮がちょっと汚れてて、機内誌とかを入れるボックスもあんまりきれいじゃないけど、シートピッチ的には普通のエコノミーというところでしょうか。

写真はさすがに控えときますけど(というか撮ってない)、CAさんの制服が噂どおり(?)にhotな感じで、色合い的にもちょっぴりフーターズを彷彿とさせました。笑

f:id:petite-cerise:20170128231551j:plain f:id:petite-cerise:20170128231610j:plain

機内食は有料、飲食物持ち込み禁止らしいですが、深夜便だとどうせ寝てるだけだし、7時間くらいなら夕食を食べて、ラウンジでちょっとゆっくりしてから乗った結果、そんなに気にならなかったです。

 

KLIA2に到着

KULではLCC専用ターミナルのKLIA2(Kuala Lumpur International Airport。そのまんまケーエルアイエーと読むみたいです)に到着。LCC専用とは言え、別に安っぽい感じではないです。わたしはKIXLCCターミナルしか知りませんが、それよりはずっとまともな感じです。保安検査が丸見えなのはこれでいいの?って感じですが…笑

f:id:petite-cerise:20170129060308j:plain f:id:petite-cerise:20170129060641j:plain

 

KLIA2からKLIAへの移動

KLIA2からKLIA(LCCじゃないターミナル)への移動はぜんぜん案内がないのですが、KL Sentralに行くKLIA Ekspres(KLIA transitでもOK)に乗ってとなりのKLIAに移動するのがたぶんわかりやすいのでは。自動販売機はないけどカード利用可、3RMです。バーコード付きの乗車券を渡されるので、そのバーコードを乗降車時に改札でスキャンすればOK。

 

三井アウトレットパーク行きのシャトルバス(無料)もあるようなので、そこに行ってKLIA行きのシャトルバスで戻ってくるというのもありかもですね。わたしは早朝着だったので乗りませんでしたが。それにしてもKLにまで三井アウトレットモールがあるのか笑

f:id:petite-cerise:20170129062821j:plain

 

そしていまはKLIAのビューエリアでまったり本読んだりblog書いたりしています。そろそろラウンジに移動しようかな?笑

f:id:petite-cerise:20170129074953j:plain

飛行機乗り遅れた…orz

土曜の朝イチ(7:10発)のエアチャイナでSFC修行をはじめる予定で、一応4時過ぎに一瞬目を覚ましはしたのですが、次に気づいたら8:30…。。。

前日盛り上がりすぎて痛飲して帰ってきたのが2時という時点でもうどうしようもないのですが汗、さすがに二度目に目を覚ましたときはめっちゃくちゃ後悔しました…。。

 

で、とりあえずエアチャイナのコールセンターに電話しようかと思ったのですが、どっちにしても当日中にPEK経由KULができる便はなさそうだし、いかんせん酒が残りすぎていて正常な判断ができるとは思えなかったのでしばらく布団で酔いを覚まし(?)、どうしたもんかなあ、といろいろ調べてみていると、とりあえずエアアジアXでKULまで行けばNHの修行開始便(?)には乗れそう、しかも当日予約でも片道32000円とのことで、その方向で考えることに。

KUL発券のNHのチケットも手数料ありで変更可なはずなのでそっちを変更してもよかったんですけど、これも同じ値段で取れるかわからないし、国内切り込み区間を含むからそこのレグの不確定さもありそうだし、なによりいまから休みを動かすのも面倒だなあ、と思ってそれはやめとこうかなあ、と。

それにしてもエアチャイのチケットのステータス次第で今後に関わるのでまずはコールセンターに電話、と思ったら、いつまで経ってもつながらず…。。午前中だから混んでるかな、と思って12時回ってからかけるもつながらず、コールセンターの番号一覧をよく見たら中国にかければ日本語サービスあるじゃん!と思ってLINEでかけてみたら一発で日本語オペレーターにつながりました。しかもLINEで中国にかける方がナビダイヤルで日本のコールセンターにかけるより安いw

 

いろいろ調べてもらったところ、予定変更すると差額14万程度、往路放棄すると差額5.5万円(片道でC発券した場合の金額になる?)、出発後だけどキャンセルは3万円で可能、とのことなので、キャンセルして取り直すことにしました。このレグが割引とは言えビジネスで1年オープンなチケットで助かった…寝過ごしたアホに親切に対応してくださったエアチャイナの日本語オペレーターさんには本当に感謝しています。

とはいえ、新しい日程で取り直すと(KULからの帰りが確定しちゃってるので)最初のチケットより2万円ほど高くなるし、キャンセル料3万円、新たにエアアジアX往復で5万円弱で、合計10万くらい追加出費…みなさん寝過ごしには注意しましょう!!!

わがままに応えてくれる寛大なANAマイレージクラブ!

前回ANAワイドゴールドVISAの太っ腹キャンペーンをご紹介したところですが↓、

oka-miler.hatenablog.com

ANAの方でも1/16からけっこう大きな入会キャンペーンをやっています。

www.ana.co.jp

 

1/16からというのは、当然1/16入会受付分からということでありまして…

つまりわたしは対象外orz

前にやってるキャンペーンないかなーと探してみたら、ゴールド以上のキャンペーンが12/31までで終わっていて、ちょうどキャンペーンの谷間に突っ込んでしまっていたようです。

 

でも、一縷の望みをかけてサポートにメールしてみたら、せっかく入会いただいたので対象となるようにします、との神対応な返事が!

(かつてJALの対象限定FOPキャンペーンでも問い合わせたら登録してくれたという話を聞いたことがあったので、問い合わせればできるかも、とは思ってました。JALの方は対象限定なのにそこまでするのもなあ、と思ってしなかったのですが、入会時だしそのくらい許されるかな?と思いまして。笑)

一つの経験談としてご参考までに!